【予約】量子と非可換のエピステモロジー 数学と物理学における概念と実在(04/01頃発送予定)

特典
ISBN/JAN
9784130160483
著者
原田 雅樹
出版社
東京大学出版会
レーベル
発売日
2024/04/01
商品説明
20世紀の数学や物理学における概念の生成を、エピステモロジーすなわち科学認識論の系譜にある哲学者の議論から読み解き、場の量子論や非可換幾何学にまで通じる〈科学作品の解釈学的現象学〉を提唱する。科学的対象における概念と実在性の関係を問う大著。

目次


第1部 概念の哲学の系譜??フランス・エピステモロジーの中の数理哲学
第1章 哲学的方法論としての〈概念の哲学〉の導入??カヴァイエス
第2章 代数学における構造と操作性??ヴュイユマン
第3章 数学における操作と対象の双対性、ならびに経験??グランジェ

第2部 自然科学の哲学的分析方法論と解釈学的現象学??エピステモロジーとリクール哲学の接続
第4章 純粋現象学から科学作品の現象学へ??リクールの〈三重のミメーシス〉からの接近
第5章 科学の解釈学的現象学の構築??概念生成への問いから実在性への問いへ

第3部 量子力学のエピステモロジー??物理的実在性への問いとアナロジー
第6章 場の量子論の科学作品の現象学??量子論における代数的視点と幾何学的視点の干渉
第7章 物理学における反省的方法とエポケー、そして実在性の再把握??科学活動内部の現象学と解釈学
第8章 アナロジーによる物理的概念の運動と生成??量子論の構築におけるアナロジーの媒介機能

第4部 非可換幾何学のエピステモロジー??弁証法による数学概念の生成と統一化への運動
第9章 現代数学における領域横断的な理論の発展??作用素環論の場合
第10章 現代幾何学における操作?対象の双対と概念の拡張??リーマン=ロッホの定理からアティヤ=シンガーの指数定理へ
第11章 数学の統一化へ向けての弁証法とアナロジー??A.コンヌの非可換微分幾何学の場合

むすび
Appendix
文献
あとがき
索引
備考・キーワード
型番 9784130160483-011
販売価格 9,350円(税850円)
購入数

  

Calendar

2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Top